1. TOP
  2. 特許庁 行政 指針 法律 施策 官報 施行
  3. 三極協力30周年記念シンポジウム

三極協力30周年記念シンポジウム

特許庁が、三極協力30周年記念シンポジウムを開催するそうです。これは、日米欧の三極特許庁の協力が30周年をという節目を迎える機会に行われるもので、11月15日(木曜日)、京都)で開催されます。

300人、無料で参加できるそうです。ご興味のある方はこちらからお申し込み下さい。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/ibento2/sankyoku_30th_sympo.htm

それにしてもわざわざ米国、欧州から特許庁長官が来られるというのに非常に短いシンポジウムですね。せっかく来られるのだから、もっと講演時間が長くてもいいのではないかと思いますが・・・

【日時】11月15日(木曜日)  9時30分から11時45分
【場所】京都ホテルオークラ
【主催】日本国特許庁
【使用言語】日本語、英語(日英同時通訳)
【定員】300名程度  ※入場無料・事前申込制
【締切】平成24年11月5日(月曜日) ただし、定員になり次第申込募集を締め切ります。

プログラム(案)

※プログラムは、10月16日現在のものです。詳細が確定次第更新いたします。

9時30分開会

9時35分から9時40分歓迎挨拶
京都府 山田啓二 知事

9時40分から9時55分特別講演
(株)堀場製作所 堀場最高顧問

9時55分から10時25分セッション1:日米欧における特許を巡る最近の情勢
欧州特許庁、米国特許商標庁、日本国特許庁の長官/副長官

10時25分から10時45分  休憩

10時45分から11時45分  セッション2:三極協力30周年を振り返って、そして今後
欧州特許庁、米国特許商標庁、日本国特許庁の長官/副長官、及び各国/地域のユーザー代表(ビジネスヨーロッパ、米国知的財産法協会、米国知的財産権者協会、日本知的財産権協会)

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許収入だけで生活できる人

  • 使用許諾(ライセンス)交渉、契約書作成の得意な特許事務所

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

関連記事

  • パイオニア発明の特許出願

  • 外国で特許を取得し、維持する場合の費用

  • 学術論文と特許出願明細書の実施例

  • 日産自動車がシリコンバレーに研究拠点

  • 米国への特許出願の拒絶理由(office action)対応

  • PCT出願から各国移行、または直接外国出願した場合の費用