1. TOP
  2. プログラム特許、ソフトウエア、アルゴリズム、ビジネスモデル特許
  3. 野口五郎のライブ映像配信システム特許

野口五郎のライブ映像配信システム特許

 2012/10/15 プログラム特許、ソフトウエア、アルゴリズム、ビジネスモデル特許
この記事は約 10 分で読めます。 4,197 Views

野口五郎氏がライブ配信後すぐにそのライブ映像動画を購入できるサービス、「テイクアウトライブ」の特許を昨年取得した。

これは、ライブ会場のみで紙媒体でQRコードが配布され、それを読み取るだけでライブ映像配信を購入できるシステムである。

野口五郎が14日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールでライブを開催し、そこで初配信を行った。

歌手も感動をさらに増幅するシステム特許を取る時代になったのは感慨深い。知財の重要性が歌手業界でも認知されることを期待したい。もっとも、音楽業界では著作権の重要性は認知されていたと思うので、今後は、こうしたシステム特許の出願をやることで、予想外の面白い発明がどんどん出てくるかも知れない。

下に該当特許を示したが、回数無制限でダウンロードできる、という下線部分を追加している。この場合、回数制限をかければこの特許には抵触しないので、エスケープはそれほど難しい特許とは思われない。

また、印刷媒体の限定がついているので、携帯メール等でQRコードを配信したり、QRコードを読み込んで該当するダウンロードURLを送信する電子メールシステムは権利範囲外となる。

とはいえ、音楽業界からシステム特許出願が出ることは知財意識が高まるという意味でも歓迎すべきことだろう。

野口五郎(本名佐藤靖)氏の該当する特許は以下のとおり。

【特許番号】特許第4859882号(P4859882)
【登録日】平成23年11月11日(2011.11.11)
【発行日】平成24年1月25日(2012.1.25)
【発明の名称】コンテンツ配信システムおよびコンテンツ配信方法

【請求項の数】5
【全頁数】17
【出願番号】特願2008-170139(P2008-170139)
【出願日】平成20年6月30日(2008.6.30)
【公開番号】特開2010-9452(P2010-9452A)
【公開日】平成22年1月14日(2010.1.14)
【審査請求日】平成23年5月25日(2011.5.25)
【早期審査対象出願】
【特許権者】
【識別番号】508197468
【氏名又は名称】佐藤 靖
【住所又は居所】東京都世田谷区野沢3-33-3

【発明者】
【氏名】佐藤 靖
【住所又は居所】東京都世田谷区野沢3-33-3
【審査官】大野 朋也

【特許請求の範囲】
【請求項1】
コンテンツ配信サービスを提供するウェブサイトを示すURL情報とID情報を含むデータコードが予め印刷され、該ID情報に基づいてコンテンツの特定も行えるコンテンツ配信用情報印刷媒体と、
該情報印刷媒体に印刷されているデータコードを読み取ってそこに含まれるURL情報及びID情報を抽出する携帯電話と、
該携帯電話が前記ID情報を引数として前記URL情報に基づき接続するコンテンツ配信用サーバと、
該サーバとアクセス可能に接続された情報印刷媒体管理データベースと、
を備えた、販売者登録済の個人によって販売された前記情報印刷媒体を介して回数制限無くダウンロードができるコンテンツ配信システムであって、
前記サーバは、販売者登録手段と販売商品登録手段とコンテンツ配信手段とを備え、
前記販売者登録手段は、
前記情報印刷媒体の販売者が使用する携帯電話の機種固有情報を前記データベースに登録し、
前記販売商品登録手段は、
前記の機種固有情報が登録された販売者の携帯電話によって、販売が完了した情報印刷媒体に印刷されているデータコードに含まれるID情報が送信された時に、該ID情報及び前記販売者の携帯電話の機種固有情報とを前記データベースに登録するとともに、
前記コンテンツ配信手段は、
前記情報印刷媒体の利用者の携帯電話からのダウンロード要求を送信された都度前記データベースを参照して、
同時に送信された前記ID情報が未登録であれば前記ダウンロード要求を拒絶し、
前記ID情報が既登録
かつ利用者認証用情報が未登録であれば
前記利用者の携帯電話の機種固有情報を前記データベースに利用者認証用情報として登録するとともにダウンロードを許可し、
前記ID情報が既登録
かつ利用者認証用情報が既登録であれば
前記利用者の携帯電話の機種固有情報と既登録の利用者認証用情報とを照合して、
一致すれば利用者認証は受理されたものとみなしてダウンロードを許可するが、
一致しなければ利用者認証は拒否されたものとみなしてダウンロードを拒絶するとともに、
ダウンロードを許可する場合は、前記利用者の携帯電話に対して前記ID情報に基づいて特定されるコンテンツのダウンロード用の画面を送信する
ことを特徴とするコンテンツ配信システム。
【請求項2】
コンテンツ配信サービスを提供するウェブサイトを示すURL情報とID情報を含むデータコードが予め印刷され、該ID情報に基づいてコンテンツの特定も行えるコンテンツ配信用情報印刷媒体と、
ダウンロードされたコンテンツを再生するパソコンと、
該パソコンの画面に表示されたデータコードあるいは前記情報印刷媒体に印刷されているデータコードを読み取ってそこに含まれるURL情報及びID情報を抽出可能な携帯電話と、
前記携帯電話および前記パソコンが前記ID情報を引数として前記URL情報に基づき接続するコンテンツ配信用サーバと、
該サーバとアクセス可能に接続された情報印刷媒体管理データベースとを備えた、販売者登録済の個人によって前記情報印刷媒体が販売された後に回数制限の無いダウンロードができるコンテンツ配信システムであって、
前記サーバは、販売者登録手段と販売商品登録手段とデータコード生成手段とコンテンツ配信手段を備え、
前記販売者登録手段は、
前記情報印刷媒体の販売者が使用する携帯電話の機種固有情報を前記データベースに登録し、
前記販売商品登録手段は、
前記の機種固有情報が登録された販売者の携帯電話によって、販売が完了した情報印刷媒体に印刷されているデータコードに含まれるID情報が送信された時に、該ID情報及び前記販売者の携帯電話の機種固有情報とを前記データベースに登録するとともに、
前記データコード生成手段は、
前記パソコンから前記情報印刷媒体のID情報の送信を受けた時に、該ID情報に対応するURL情報と前記パソコンを特定する情報とを前記ID情報とともに含ませたデータコードを生成して前記パソコンに送信する一方、
前記コンテンツ配信手段は、
前記パソコンの画面上に表示された前記データコードを読み取った利用者の携帯電話からのダウンロード要求を送信された都度前記データベースを参照して、
同時に送信された前記ID情報が未登録であれば前記ダウンロード要求を拒絶し、
前記ID情報が既登録
かつ利用者認証用情報が未登録であれば
前記利用者の携帯電話の機種固有情報を前記データベースに利用者認証用情報として登録するとともにダウンロードを許可し、
前記ID情報が既登録
かつ利用者認証用情報が既登録であれば
前記利用者の携帯電話の機種固有情報と既登録の利用者認証用情報とを照合して、
一致すれば利用者認証は受理されたものとみなしてダウンロードを許可するが、
一致しなければ利用者認証は拒否されたものとみなしてダウンロードを拒絶するとともに、
ダウンロードを許可する場合は、前記パソコンに対して前記ID情報に基づいて特定されるコンテンツのダウンロード用の画面を送信する
ことを特徴とするコンテンツ配信システム。
【請求項3】
前記販売者登録手段は、
販売者側の携帯電話登録用データコードを読み取ってそこに含まれるURL情報に対応づけられたサイトへアクセスしてきた携帯電話を、販売者が使用する携帯電話とみなすことを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載のコンテンツ配信システム。
【請求項4】
コンテンツ配信サービスを提供するウェブサイトを示すURL情報とID情報を含むデータコードが予め印刷され、該ID情報に基づいてコンテンツの特定も行えるコンテンツ配信用情報印刷媒体を介して利用者の携帯電話から送信されたダウンロード要求を、ダウンロード回数に制限無く処理する方法であって、
前記情報印刷媒体を販売するために販売者として登録済の個人の携帯電話、及び前記情報印刷媒体を介してコンテンツをダウンロードする利用者の携帯電話によって、前記ID情報を引数として前記URL情報に基づき通信ネットワークを介して接続されるとともに、情報印刷媒体管理データベースにアクセス可能に接続するコンテンツ配信用サーバが、
前記販売者の携帯電話の機種固有情報を前記データベースに登録するステップと、
前記の機種固有情報が登録された販売者の携帯電話によって、販売が完了した情報印刷媒体に印刷されているデータコードが読み取られ該データコードに含まれるID情報が送信された時に、該ID情報及び前記販売者の携帯電話の機種固有情報とを前記データベースに登録するステップと、
前記情報印刷媒体の利用者の携帯電話からのダウンロード要求を送信された都度前記データベースを参照して、
同時に送信された前記ID情報が未登録であれば前記ダウンロード要求を拒絶し、
前記ID情報が既登録
かつ利用者認証用情報が未登録であれば
前記利用者の携帯電話の機種固有情報を前記データベースに利用者認証用情報として登録するとともにダウンロードを許可し、
前記ID情報が既登録
かつ利用者認証用情報が既登録であれば
前記利用者の携帯電話の機種固有情報と既登録の利用者認証用情報とを照合して、
一致すれば利用者認証は受理されたものとみなしてダウンロードを許可するが、
一致しなければ利用者認証は拒否されたものとみなしてダウンロードを拒絶するステップと、
ダウンロードを許可する場合は、前記利用者の携帯電話に対して前記ID情報に基づいて特定されるコンテンツのダウンロード用の画面を送信するステップと、
を行うことを特徴とするコンテンツの配信方法。
【請求項5】
コンテンツ配信サービスを提供するウェブサイトを示すURL情報とID情報を含むデータコードが予め印刷され、該ID情報に基づいてコンテンツの特定も行えるコンテンツ配信用情報印刷媒体を介して利用者の携帯電話から送信されたダウンロード要求を、ダウンロード回数に制限無く処理する方法であって、
前記情報印刷媒体を販売するために販売者として登録済の個人の携帯電話と、前記情報印刷媒体を介してコンテンツをダウンロードする利用者の携帯電話及びパソコンによって、前記ID情報を引数として前記URL情報に基づき通信ネットワークを介して接続されるとともに、情報印刷媒体管理データベースにアクセス可能に接続するコンテンツ配信用サーバが、
前記販売者の携帯電話の機種固有情報を前記データベースに登録するステップと、
前記の機種固有情報が登録された販売者の携帯電話によって、販売が完了した情報印刷媒体に印刷されているデータコードに含まれるID情報が送信された時に、該ID情報及び前記販売者の携帯電話の機種固有情報とを前記データベースに登録するステップと、
前記パソコンから前記情報印刷媒体のID情報の送信を受けた時に、該ID情報に対応するURL情報と前記パソコンを特定する情報とを前記ID情報とともに含ませたデータコードを生成して前記パソコンに表示させるために送信するステップと、
前記パソコンの画面上に表示された前記データコードを読み取った利用者の携帯電話からのダウンロード要求を送信された都度前記データベースを参照して、
前記ダウンロード要求と同時に送信された前記ID情報が未登録であれば前記ダウンロード要求を拒絶し、
前記ID情報が既登録
かつ利用者認証用情報が未登録であれば
前記利用者の携帯電話の機種固有情報を前記データベースに利用者認証用情報として登録するとともにダウンロードを許可し、
前記ID情報が既登録
かつ利用者認証用情報が既登録であれば
前記利用者の携帯電話の機種固有情報と既登録の利用者認証用情報とを照合して、
一致すれば利用者認証は受理されたものとみなしてダウンロードを許可するが、
一致しなければ利用者認証は拒否されたものとみなしてダウンロードを拒絶するステップと、
ダウンロードを許可する場合は、前記パソコンに対して前記ID情報に基づいて特定されるコンテンツのダウンロード用の画面を送信するステップと、
を行うことを特徴とするコンテンツの配信方法。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 3Dプリンター発明者の日本人は発明者を辞めて弁理士になった理由

  • 特許が生きがいの高齢の発明者

  • 大平国際特許事務所の強味 経営戦略とマーケティング戦略

  • 農林水産省種苗1900種持ち出し禁止イチゴの「あまおう」等

関連記事

  • 「iPhone 5」や「GALAXY」最新モデルも特許侵害訴訟の対象に追加

  • 特許出願依頼ブログとTwitterの連携

  • ビジネスに最も重要なものは特許出願ではない?

  • 年賀状とフェイスブック

  • シミュレーション結果を使って特許出願する場合

  • 米国のソフトウエア発明の特許適格性