1. TOP
  2. 代理人 中途受任 辞任 複代理人 代理人受任届
  3. 特許出願(申請)の事務所移管費用と成功謝金

特許出願(申請)の事務所移管費用と成功謝金

特許出願の代理人の特許事務所を変更する場合、移管費用がかかる場合もあります。

以前にも書いたと思いますが、新しい事務所の特許管理システムに入力し、中間対応を始めるとなると、やはりそれなりに作業が発生します。

また、特許出願から関わっているとその発明の本質を理解しているので、拒絶理由対応等もスムーズにできるのですが、特許出願を別の事務所から出願していると、明細書の記載の意図が不明確だったりして、拒絶理由対応にも時間がかかる場合があります。

そのため、特許事務所によってはこの移管費用を通常の特許出願と同じだけ(18万円~30万円程度)取るところもあるようです。

また、特許出願を弁理士の意志に反して移管された特許事務所にしてみれば、成功謝金(登録謝金)をもらい損なうことになるので、先に成功謝金を請求するという考え方もあります。これは成功謝金は出願手数料の後払い、という論理に基づくものと考えられます。

特許事務所を変えるのも簡単とは限らないので、最初の出願時から弁理士、特許事務所は十分検討して決めるのがよいと思います。

東京大学卒、博士、元大学院大学教授のいる大平国際特許事務所に依頼されれば非常に高品質な明細書で出願し、拒絶理由対応も大学教授レベルの応答なので、審査官を上回る知識と論理により特許にすることができています。つまり、広くて強い特許が取れますので、是非一度お試し下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許戦略で特許出願件数を増やす方法

  • 特許収入だけで生活できる人

  • 使用許諾(ライセンス)交渉、契約書作成の得意な特許事務所

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

関連記事

  • 特許申請の費用

  • 特許出願で売上を上げるには?

  • TRIZ、VEと特許申請

  • 特許出願費用の負担は事業部か知財部か?

  • 特許出願明細書の図面

  • 特許出願、意匠登録出願、商標申請の対象