1. TOP
  2. 国際特許出願 PCT出願
  3. 横浜市、川崎市の特許出願、特許調査の助成金制度

横浜市、川崎市の特許出願、特許調査の助成金制度

横浜市、川崎市はいずれも特許出願支援に熱心です。

横浜市は横浜勝ち組企業を知財面で支援しています。外国特許出願支援制度では300万円を限度に、その半額を補助してもらえます。

勝ち組企業は今は横浜知財みらい企業というようです。

横浜知財みらい企業

これに選ばれてないと、外国特許支援制度の対象になりません。

また、以下のような知財の助成金もあります。

平成24年度 横浜市知的財産活用促進事業助成金

これらの補助金を有効に活用して知財をより有効に出願、活用して欲しいと願っています。

川崎市中小企業外国出願支援事業助成金

横浜市、川崎市の特許出願は研究開発歴20年以上、弁理士歴10年以上、博士、元大学院大学教授の大平国際特許事務所にご依頼下さい。きっとご満足いただけると確信しています。

大平国際特許事務所

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許戦略で特許出願件数を増やす方法

  • 特許収入だけで生活できる人

  • 使用許諾(ライセンス)交渉、契約書作成の得意な特許事務所

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

関連記事

  • PCT出願、外国出願、各国移行段階からのご依頼も可能です

  • 米国特許出願の限定要求と選択要求

  • 特許出願を依頼すべき発明の完成度

  • 利益を生む特許と休眠特許 知財部をプロフィットセンターにするには?

  • 食品製造に関する特許出願

  • 日本の特許戦略と韓国の特許戦略