1. TOP
  2. コンサルティング コーチング 経営診断
  3. 弁理士のコンサルティングのメリット、デメリット

弁理士のコンサルティングのメリット、デメリット

弁理士のコンサルティングが数年前から弁理士会でも注目を浴びています。出願件数が伸び悩んでいるので、新規なビジネスとしてコンサルティングを取り入れることで、弁理士の事業範囲を拡大しよう、というわけです。

公認会計士などはMBAを持っていたり、中小企業診断士資格を持っていたりして、日常的にビジネスのコンサルティングをしています。しかし、弁理士はあまりビジネスコンサルをやっているイメージはないと思います。

しかし、実際には、弁理士は日常的に出願戦略コンサルティングのようなことはやっていますし、他社特許の侵害鑑定、情報提供、異議申立戦略の相談にも乗っていて、これらの仕事はまさにコンサルティングです。また、外国(PCT)出願をどの国に移行手続きすべきかの外国出願戦略についてアドバイスしたり、出願を何個に分けるのがよいか、等も相談されるので、コンサルティングしています。

そういう意味では、弁理士は知財戦略コンサルティングを日常的にやっているとも言えます。

しかし、最近弁理士会でコンサルティングと言っているのは、上述のような知的財産戦略コンサルティングよりももっと広く一般的な経営戦略やマーケティング戦略のコンサルティングも含んでいるように思えます。

例えば、最近筆者が参加した弁理士会のミニ研修では、学習塾のコンサルティング事例が発表されていました。そこはソフトウエアの特許出願もしているので、弁理士がコンサルティングしてもおかしくない相手ではあります。

しかし、コンサルティングの内容は、知財とはあまり関係なくて、どのセグメントに進出するか?という部分が主要な内容でした。

塾としては、垂直展開をしたいというのに対し、弁理士のコンサルティングは水平方向に展開する、という戦略を提案していました。

ビジネスに正解はないので、どちらも正解でもあるし、間違いでもあるとも言えます。

ちょっと気になったのは、SWOT分析に基づいてセグメントを切るというよりは、外部環境分析に基づいてセグメンテーションをしていた感じがした部分でした、

本来、その企業の強み、弱み、機会、脅威を検討し、その強みを活かすために、このセグメントをターゲティングする、というのがマーケティングプロセスの常道なのですが、その部分が見えませんでした。その場で言わなかっただけでSWOT分析自体はやっていたようですが。

しかし、私はマーケティングの企業で随分研修を受けたので、そのあたりは、SWOT分析から始まり、4Pで終わるいわゆるマーケティングプロセスで説明して欲しかったな、と思いました。

そういう意味で、弁理士のやるコンサルティングがいわゆるコンサルティング会社がやっているフレームワークを完全に使いこなしているのかちょっと気になりました。

さらに、他の弁理士のコメントで、大手コンサルティング・ファームに対抗するのは無理だから、やはり知財を軸にコンサルティングすべきだ、という意見を主張されている先生もおられました。それも1つの考えでしょう。弁理士の強みを活かしたコンサルティングをやる方が一般的な売上アップコンサルティングをやるよりもやりやすいと思われます。

しかし、私としては、何も弁理士が知財戦略コンサルティングに限定してやる必要はなく、大手コンサルティング・ファームがやるような経営戦略や戦略マーケティングのコンサルティングをやってもいいと思います。

知財のバックグラウンドを持ったうえでの売上アップコンサルティングもそれなりの価値はあるでしょうし、弁理士にしか見えないビジネスチャンスもあると思うからです。

例えば、ライバル企業の特許権があるので、この市場には参入できないので、別の製品を出している企業があったとすれば、その特許を潰すなり、回避する策で同じ市場に自社製品を投入できる場合もあり得ます。

そうすれば、当然に売上も上がります。

この場合は知財戦略コンサルティングを含んでいますが、さらに進んで、業界はこういう方向に進んでいるので、こういう市場を狙うといい、というアドバイスも可能と思われます。これは純粋な売上アップコンサルとも言えますし、そこに研究開発戦略、製品戦略のコンサルティングを含めることもできますし、さらに、どういう特許を取ればいいか、という知財戦略コンサルティングも含まれます。

つまり、事業展開とそれをどう戦略的に保護するか、という製品戦略から知財戦略まで全てを含んだコンサルティングも弁理士によっては可能ではないかと思います。

要は弁理士もそれぞれ得意、不得意があるので、知財戦略コンサルティングまでで終わる弁理士もいてもいいし、そこを飛び越えて、一般的な売上アップコンサルや、経営戦略、戦略マーケティングコンサルティングをやる弁理士がいてもいいと思うのです。

ビル・ゲイツがあそこまでの独占帝国を築いたのは、お父さんが優秀な弁護士だったから、というのは有名な話です。アップルのGUIをうまくウィンドウズ3.1に取り込んだり、インテルがOSを作ろうとしたとき、法律的にとてもうまく完全に潰しました。

つまり、法律がわかっていて、事業を独占するコンサルティングができれば、独占帝国を築くことも可能になります。それができれば莫大な収益を得られます。

大平国際特許事務所は一般的な経営戦略、戦略マーケティングも得意ですので、一般的なコンサルも含めた総合コンサルティングを目指しています。さらに、ビル・ゲイツがやったような、最強の法律戦略もアドバイスさせていただきます。お気軽にご相談下さい。初回の30分は無料でコンサルティングをいたします。

お問い合わせはこちらからどうぞ

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 3Dプリンター発明者の日本人は発明者を辞めて弁理士になった理由

  • 特許が生きがいの高齢の発明者

  • 大平国際特許事務所の強味 経営戦略とマーケティング戦略

  • 農林水産省種苗1900種持ち出し禁止イチゴの「あまおう」等

関連記事

  • 米国アマゾンが特許専門家を採用

  • 発明の本質(ポイント)を捉え、広くて強い特許権を取るには?

  • 職務発明規定と発明者

  • 鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)がNECの液晶パネル関連特許を94億円で購入

  • 特許申請のみの料金

  • 特許事務所の売上と経費の構造