1. TOP
  2. 特許出願費用、特許出願料、商標登録出願料金、手数料、料金表
  3. タイ、マレーシア、シンガポールなど東南アジアASEANのASPEC Program

タイ、マレーシア、シンガポールなど東南アジアASEANのASPEC Program

 2016/07/29 特許出願費用、特許出願料、商標登録出願料金、手数料、料金表
この記事は約 2 分で読めます。 2,057 Views

ASEAN諸国の特許審査協力制度として、ASPEC Program (Asean Patent Examination Cooporation Program、ASEAN特許審査協力プログラム)というものがあります。

これは、ASPECに加盟している国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)のいずれか1ヵ国で特許になれば、その審査結果を活用して早期に他の国でも登録できるようになる制度です。

例えば、シンガポールで特許登録になれば、それを使って、タイやマレーシア、ベトナム、などで早期に権利化できます。

上記ASPEC参加国の中には、PPHが可能な国もあるので、日本で特許登録になっていれば、上記の国でもPPHを利用して早期に権利化することも可能です。

ただ、全ての国でPPHを活用して登録するのは費用がかかるので、ASPECの1ヵ国でPPHにより特許登録させ、その後はASPEC Programを活用して権利化するのが良いかも知れません。

また、最初の国は早期に登録される国がよいです。シンガポールあたりがお勧めです。タイの場合は非常に審査が遅く、10年位放置されることもあるようですので、そのような国を最初の1国に選択すると、他の国での権利化も遅くなりますから。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

  • 発明により人類の富が飛躍的に増える

  • 大発明は、地味な実験の積み重ねから生まれる

関連記事

  • 特許化可能な発明をできる発明能力は高められる

  • 特許出願関係の助成金

  • 特許出願明細書ひな型ダウンロード

  • 幹細胞から毛包細胞を作って毛を生やす発明

  • 全国発明表彰募集中 特許権者、実用新案権者、意匠権者が対象

  • 難しい拒絶理由に対応して特許査定を得るには?意見書、補正書の極意