1. TOP
  2. バイオ・テクノロジーが得意な弁理士
  3. 特許権の存続期間延長制度

特許権の存続期間延長制度

ジェネンテック社の血管内成長因子(VEGF)アンタゴニスト、つまりVEGF抗体の臨床試験で、最初は5mg/kg、2回目以降は10mg/kgで投与する用法・用量については承認され、それとは別に、7.5mg/kgを3週間に1回投与する用法・用量について臨床試験をしたのですが、特許庁は、最初の分しか延長を認めませんでした。

そこでジェネンテック社が最高裁まで争った結果、用法用量が異なる医薬の臨床試験についても存続期間の延長を認める、という判決を出しました。

これにより、武田薬品のパーシフのDDSに続いて、存続期間の延長がより拡大した形となりました。

特許権の存続期間の延長登録については以下の動画をご覧下さい。また、できればチャンネル登録もしていただけると非常に励みになります。

上の動画の中でもジェネンテックの最高裁判所判例やかつてのDDS製剤で、特許権が重複しない場合の延長を認める判例についても軽く説明しています。

詳しくは別途どこかで解説する予定です。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許収入だけで生活できる人

  • 使用許諾(ライセンス)交渉、契約書作成の得意な特許事務所

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

関連記事

  • 最強、最高、至高の特許事務所とは?

  • インド最高裁がグリベック(ノバルティス)の特許を認めない判決

  • ベンチャー企業の成功要因

  • iPS細胞特許の権利範囲研究 弁理士会研修フェスティバル(大阪)

  • 農林水産省種苗1900種持ち出し禁止イチゴの「あまおう」等

  • 始原生殖細胞の特許出願