1. TOP
  2. 審査請求 拒絶理由通知 意見書 補正書 応答 早期審査 事業戦略対応まとめ審査 スーパー早期審査
  3. 特許審決 非常に難しい拒絶理由通知への対応

特許審決 非常に難しい拒絶理由通知への対応

特許出願をして、審査請求をすると、稀にはいきなり特許査定が来ますが、通常は拒絶理由通知が来ます。

その場合、意見書と(必要により)補正書を提出して反論するわけですが、非常に近い特許や論文があると、引用文献(先行文献)に記載の発明との差を出すのが難しく、そうなると反論が非常に難しいです。

それに、海外の明細書では、実施例が少なくても広い権利が取れる場合があります。特に欧州は実施例が1つでも広い権利が取れます。欧州特許では、科学技術への貢献の度合いによって権利の広さが決まるからです。

全く新しいフィールドを拓くような発明にはより広い権利が与えられることが明文で規定されています。

米国では、点の発明から広げることが可能です。

これに対して、日本の場合は、最低3つ程度は実施例がないと一般化できません。

例えば、植物全体で権利化しようと思えば、タバコ、イネ、ナズナ等3種類程度の実施例があれば、植物全体を押さえられる可能性があります。

欧州では1個あれば植物全体でも権利化できる場合があるので日本よりも記載要件が甘いです。

そのため、今回の欧州からの特許出願の拒絶査定不服審判での意見書、補正書は非常に苦労しました。それでも反論が認められて特許になったのでほっとしました。

これで欧州の少ない実施例、記載要件でも、日本で何とか権利化できることがわかったので、残りの欧州からの特許出願についてもどんどん特許査定を得られるのでは?と期待しています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

  • 発明により人類の富が飛躍的に増える

  • 大発明は、地味な実験の積み重ねから生まれる

関連記事

  • 特許出願の早期審査とスーパー早期審査

  • 神谷明日香さん(小学校6年生)が空き缶分別箱の特許取得 TEDで講演

  • 特許出願の拒絶理由通知からの代理人受任

  • 米国拒絶理由通知への意見書、補正書提出

  • 難しい拒絶理由への対応と先行発明の本質を捉える力

  • 特許出願や特許の維持要否