1. TOP
  2. ベンチャー 起業 中小企業 大学発 個人発明家 個人事業主 零細企業
  3. 農林水産省の革新的技術創造促進事業の公募と特許申請

農林水産省の革新的技術創造促進事業の公募と特許申請

農林水産省(農水省)が、農業や食品開発を対象に補助金を出しています。

最大1億円で3年間もらえます。応募締切は6月10日です。

農林水産省の革新的技術創造促進事業

ただ、開発に成功したら、その利益の中から一部を納付する制度です。ですから、確実に成功できる、という確信がある技術開発は自社のみでやった方が利益が大きくなる可能性があります。

しかし、逆に失敗する可能性が高い、あるいは、かなり冒険的なチャレンジなのでリスクも高い、というようなテーマの場合は、国の補助金を使ってフィージビリティ・スタディ的なことをやるのも一つの考え方でしょう。

失敗した場合どうなるか?ですが、その場合には、もらった額の10分の1を返還する必要があります。例えば、1億円もらって開発を行い、開発がうまく行かず、製品が売れなかったら、補助金の10%を返還すればいいだけです。

以前は補助金の3割を返還していたのでかなりのリスクでしたが、今回は1割を返還すればよいようです。ただ、返還の条件まで熟読したわけではないので、場合によってはもっと返還が必要になるかも知れません。そのあたりも含め、応募要項を十分読まれることをお勧めします。

このような補助金を使って研究開発し、特許を出願して権利化できれば、それは会社の資産になります。そして、場合によっては、ずっとライセンス料をもらい続けたり、訴訟になったときの反撃の武器になったりもします。

ご興味のある方はこちらをご覧のうえ、ぜひご検討下さい。そして、参加するからには、毎年数件特許出願をするような計画を立てるのがよいと個人的には思います。でないと製品が売れなかったとき、何も残りませんから。
農林水産省の革新的技術創造促進事業

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 3Dプリンター発明者の日本人は発明者を辞めて弁理士になった理由

  • 特許が生きがいの高齢の発明者

  • 大平国際特許事務所の強味 経営戦略とマーケティング戦略

  • 農林水産省種苗1900種持ち出し禁止イチゴの「あまおう」等

関連記事

  • iPS細胞の臨床応用開始

  • 発明家として成功するには起業家的発想が必要?

  • 下請け中小企業の自社製品開発と特許出願

  • 3Dプリンター発明者の日本人は発明者を辞めて弁理士になった理由

  • 特許戦略で中小零細企業や個人が大企業に勝てるか?戦略コンサルティングの勧め

  • リーチスルー・クレームの特許出願