1. TOP
  2. 中国 韓国 台湾 タイ シンガポール ベトナム インド インドネシア マレーシア バングラデシュ 東南アジア 特許出願
  3. 中国への特許出願の拒絶理由の引用文献

中国への特許出願の拒絶理由の引用文献

中国への特許出願は最近非常に増えていて、下手すると欧州への出願よりも中国への出願の方が多い、という会社もあるようです。

中国の特許制度は徐々に整備されつつあるようで、昔は記載要件違反で拒絶されることが多かったですが、最近はきちんと新規性、進歩性の拒絶理由が来ます。

しかも、長い拒絶理由通知も来るようになり、読む方も大変です。

アメリカでは以前から長いというか、10ページ位が平均で、ものによっては20ページ以上のoffice actionが来たりしていました。

中国でも最近は長い拒絶理由だと、20ページ以上のものもあります。

それだけではなく、引用文献のメインのものが中国の特許文献だったりします(以前は英語の文献がほとんどだったので全部読んで対応していたのですが。)

するときちんと読めないので、反論が非常に難しくなります。特に複雑な案件だとそのあたりは苦労します。

しかし、考えてみればそれは当たりまえで、中国特許庁の審査官が中国の特許出願を引用文献として拒絶理由を出すのは当たり前、ではあります。

今後は中国語も読めるようにならないとしっかり拒絶理由対応するのが難しくなるかも知れません。

私は大学のとき、中国からの留学生に少し中国語を習ったので親しみはあるのですが、きちんと読めるかと言えばあまり自信がありません。しかし、今後は一通り読める位にはなりたいと考えています。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許戦略で特許出願件数を増やす方法

  • 特許収入だけで生活できる人

  • 使用許諾(ライセンス)交渉、契約書作成の得意な特許事務所

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

関連記事

  • カナダでの第二医薬用途クレームの特許出願

  • 企業の海外進出と特許申請

  • 欧州委員会がサムソン電子の標準規格特許を乱用と判断

  • インドでの新規用途発明の特許適格性

  • パナソニックの赤字と特許ライセンス

  • ベトナム・マレーシア等東南アジアへの特許出願