1. TOP
  2. バイオ・テクノロジーが得意な弁理士
  3. 植物バイオテクノロジー、肥料、土壌関係の特許出願が得意な弁理士

植物バイオテクノロジー、肥料、土壌関係の特許出願が得意な弁理士

バイオ・テクノロジーが得意な弁理士
この記事は約 2 分で読めます。 1,215 Views

私は、元々は、東京大学農芸化学の土壌学研究室で土壌微生物の研究をしていました。隣は肥料学研究室で、土壌、肥料ともかなり詳しいです。また、その後、植物の遺伝子工学をやり、品種登録にも関わっていたので、植物や土壌・肥料の特許出願は得意です。

その後、大学院では応用微生物研究所の第2研究部というところに行き、当時の最先端だった遺伝子工学を学ぶことになります。ここでは、放線菌を研究する前段階として、大腸菌のキシロースイソメラーゼ遺伝子をクローニングしていました。

大学院ではキシロースイソメラーゼ遺伝子のクローニングとシークエンス(塩基配列決定)をし、修士号を得ました。

会社に入ってからは、やはり応用生物研究所(後に応用微生物研究所)に入り、そこからつくばの農業生物資源研究所に派遣されて、Tiプラスミドによる植物の遺伝子工学の研究を行いました。

BTの遺伝子を持って行って、農水省のベクターを借りて耐虫性のタバコやイネを作る研究をやっていました。

その後は、ウイルス抵抗性ペチュニアを遺伝子操作で作り、民間企業としては日本で初めて実用化できるところまで試験を行いました。しかし、この遺伝子組換え植物は結局は売られることはなかったです。

その後は、カーネーション等の切り花の研究をやり、その後は、大豆の遺伝子発現の研究を行いました。大豆で不飽和脂肪酸を作る研究です。

そうこうしているうちに、弁理士試験に合格し、会社の特許部に移り、その後、また大学に戻り、特任教授を約4年勤めました。その間も多数の植物の出願をてがけました。もちろん、他に、動物、微生物や、ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授の特許出願も扱ったことがあります。

装置関係、ロボット、ソフトウエア等も扱ったので、ほとんどの分野を一通り経験しましたが、一番得意なのは、植物バイオ分野です。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

  • 発明により人類の富が飛躍的に増える

  • 大発明は、地味な実験の積み重ねから生まれる

関連記事

  • サントリーがアサヒビールに敗訴 特許無効の判断

  • 2011年の特許出願件数は横ばい 特許行政年次報告書

  • 特許出願戦略コンサルティング

  • 日本のバイオベンチャー

  • バイオインフォマティックスと特許出願

  • iPS細胞特許の権利範囲に関する日米欧三極比較