1. TOP
  2. 特許になる条件 登録要件 特許性 拒絶理由 新規性 進歩性 記載要件 新規性喪失の例外 グレースピリオド
  3. 発明の単一性とシフト補正の審査基準変更

発明の単一性とシフト補正の審査基準変更

7月頃に特許出願の発明の単一性とシフト補正(発明の特別な技術的特徴を変更する補正)の審査基準が改訂されています。その弁理士会主催の研修会が今日ありました。

審査基準が改訂されたのは、厳しすぎる運用に不満の声が多かったから、産業構造審議会でも改訂を検討したから、等の理由からだそうです。

簡単に言うと、特許出願明細書の最初の請求項の構成要件を全部含んでいて、かつ、発明の特別な技術的特徴の構成要件を含む請求項については単一性があるとして審査するように改訂されました。なので、全部の請求項を第一請求項に従属させておけば、特別な技術的特徴を持つ構成要件を含む第一請求項の従属項は発明の単一性を満たすことになります。

それ以前は、特許請求の範囲の請求項間に特別な技術的な特徴がなければ単一性がない、とされていました。第一請求項にそれぞれ独立の発明を従属させた場合に、第一請求項に新規性、進歩性が無いと、従属項はそれぞれバラバラですから単一性違反となっていました。

また、第一請求項に従属する請求項のうち、特別な技術的特徴がある下位の請求項とその従属項しか単一性が認められませんでした。

しかし、今回の改正では第一請求項に従属させておけば、特別な技術的特徴を含む請求項については審査はしてくれる、ということだと解釈しています。

正確な表現では、

1 特許請求の範囲に最初に記載された発明の発明特定事項を全て含む同一カテゴリーの発明

2 特別な技術的特徴に基づいて審査対象とした発明について審査を行った結果、実質的に追加的な先行技術調査や判断を必要とすることなく審査を行うことが可能な発明

については、審査対象に加える、ということです。

シフト補正の方は、簡単に言えば調査のやり直しを伴わなければ審査してくれる場合もある、ということのようです。審査の省力化、無駄防止が主な目的のような気がしました。

これまではシフト補正をしても審査官によっては拒絶しないで審査してくれる審査官もいたので、審査官毎にばらばらの対応だったのですが、今回の審査基準の改訂により、基準がより明確になったと思います。

シフト補正については、後日また詳しく書こうと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 3Dプリンター発明者の日本人は発明者を辞めて弁理士になった理由

  • 特許が生きがいの高齢の発明者

  • 大平国際特許事務所の強味 経営戦略とマーケティング戦略

  • 農林水産省種苗1900種持ち出し禁止イチゴの「あまおう」等

関連記事

  • ビジネス戦略と特許出願

  • 特許申請に対する拒絶理由への対応

  • 寄せ集め発明の進歩性

  • 特許取得が非常に難しい特許出願 えっ?あれが特許になったの?

  • 発明の独創的アイデアと特許申請

  • プロダクト・バイ・プロセス・クレームの特許出願