1. TOP
  2. 大分上野高校化学部が高分子膜の孔径制御に関する特許取得

大分上野高校化学部が高分子膜の孔径制御に関する特許取得

先日秋田の金足高校の特許を紹介したが、他にも高校生が特許を取得していたケースがあった。

大分上野高校の化学部が、高分子膜の孔径に関する発明で特許を取得した。

特許5144820
コロジオン膜の孔径制御方法及び機能性高分子膜の製造方法

未成年の出願なので、出願人には法定代理人が記載されている。
出願人は1人だが、発明者が多く記載されている。これだと裁判の際に問題になる可能性はある。また、米国に出願する場合は誰がどの発明をしたか特定する必要があるので、発明者が多すぎると問題になりうるが、まぁ、高校生が発明をして特許を取得すること自体素晴らしいと言えよう。

昨夏の全国高校総合文化祭では、この研究で最優秀賞を受賞したという

(21)【出願番号】特願2012-64402(P2012-64402)
(22)【出願日】平成24年3月2日(2012.3.2)
【審査請求日】平成24年5月11日(2012.5.11)
【権利譲渡・実施許諾】特許権者において、権利譲渡・実施許諾の用意がある。
【早期審査対象出願】
(73)【特許権者】
【識別番号】512074168
【氏名又は名称】久留米 由唯
【住所又は居所】大分県佐伯市長島町2丁目20番11号
(74)【法定代理人】
【識別番号】512074146
【氏名又は名称】久留米 俊章
(74)【法定代理人】
【識別番号】512074157
【氏名又は名称】久留米 宏美
(72)【発明者】
【氏名】久留米 由唯
【住所又は居所】大分県佐伯市長島町2丁目20番11号
(72)【発明者】
【氏名】江良 伊織
【住所又は居所】大分県大分市三ヶ田町3組の2
(72)【発明者】
【氏名】近藤 大志
【住所又は居所】大分県大分市青葉台1丁目10番1号
(72)【発明者】
【氏名】柴田 進志
【住所又は居所】大分県大分市三ヶ田町3の1Cラポール601
(72)【発明者】
【氏名】尾中 達郎
【住所又は居所】大分県大分市大道町2丁目8-8-906
(72)【発明者】
【氏名】川野 鴻右
【住所又は居所】大分県大分市坂ノ市南4丁目9番2号
(72)【発明者】
【氏名】野内 皓介
【住所又は居所】大分県大分市高城台9-152
(72)【発明者】
【氏名】今村 優太
【住所又は居所】大分県速見郡日出町3814-2向日葵B棟
(72)【発明者】
【氏名】西本 雄祐
【住所又は居所】大分県速見郡日出町1221-25
(72)【発明者】
【氏名】奥田 直也
【住所又は居所】大分県大分市下郡北2丁目5-20
(72)【発明者】
【氏名】熊谷 るり
【住所又は居所】大分県大分市要町3番3号セゾン大分駅前1303
(72)【発明者】
【氏名】神田 桃子
【住所又は居所】大分県豊後大野市三重町内田2583-2
(72)【発明者】
【氏名】香泉 俊成
【住所又は居所】大分県大分市山津町1-10-10
(72)【発明者】
【氏名】高橋 慎一郎
【住所又は居所】大分県大分市大字森1236-3エルモーサ501

特許請求の範囲は以下の通り

(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
コロジオン膜形成時に、水分子を90%以上の高濃度エタノール溶液の状態で、コロジオン膜の本来持つ孔径が占める体積以上の量を添加して成膜し、その後、自然気化により添加した水分子を除去することを特徴とする孔径拡大制御方法。
【請求項2】
コロジオン膜形成時に、サリチル酸をコロジオン膜の本来持つ孔径が占める体積以下の量を添加して成膜することを特徴とする孔径縮小制御方法。
【請求項3】
コロジオン膜形成時に、サリチル酸をコロジオン膜の本来持つ孔径が占める体積の1~1.5倍の量を添加するとともに、塩化コバルトをコロジオン膜の本来持つ孔径が占める体積の1/2倍以下の量を添加して、塩化コバルトをコロジオン膜の孔径に閉じ込めて形成することを特徴とする機能性高分子膜の製造方法。
【請求項4】
請求項3記載の製造方法によって、コロジオン膜の構造をなす高分子ピロキシリンにサリチル酸を結合させることで、高分子ピロキシリンとサリチル酸から構成されたコロジオン膜の新たな孔径に塩化コバルトを閉じ込めた機能性高分子膜。

基礎研究のようなので、何に使えるかわからないが、どこかの企業にライセンスできればいいのだが。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

oipfdr

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 異議申立の取消決定取消訴訟で勝訴しました

  • 利根川進先生と本庶佑先生の特許(出願)とPD-1抗体、ノーベル賞

  • 弁理士の漫画「閃きの番人」第4話が弁理士会で公開

  • 特許出願、商標出願の料金(費用)

関連記事

  • UNITT2012 大学技術移転協議会参加

  • 特許発明は誰でもできる

  • 難しい拒絶理由に対応して特許査定を得るには?意見書、補正書の極意

  • ヒット商品と特許申請

  • 知財ファンドが特許買い取り、海外へライセンス

  • 事業に活用するのが最も効率のよい特許戦略