1. TOP
  2. バイオ・テクノロジーが得意な弁理士
  3. バイオベンチャー支援:バイオテクノロジーの専門家弁理士

バイオベンチャー支援:バイオテクノロジーの専門家弁理士

バイオベンチャーにとっては、特許が命です。特許があるからこそ、事業が独占でき、ベンチャーキャピタルも投資します。価値ある特許があれば大企業にバイアウトすることもできます。あるいは、大企業から巨額の委託開発費用をもらって研究開発することができます。

例えば、私が聞いた事例では、ある特許を持つ米国のベンチャー企業は、大企業から250億円位の研究開発費をもらったそうです。そのためには、もちろん、特許に穴があってはなりません。完璧な特許でなければ、大企業が潰したり、エスケープできるので、そんな特許は誰も欲しくないわけです。

その米国のベンチャー企業も特許にはお金を惜しまなかったそうです。アメリカのバイオベンチャーは特許出願の費用には糸目はつけません。1出願300万円でも当たり前で普通に支払います。その後、全世界に出願すれば1億円はかかるので、特許出願に300万円を惜しむ必要もないわけです。

それに対して、日本のバイオベンチャーがそこまで特許を重要と考えているかは疑問があります。また、1出願に300万円もかけて完璧な特許出願をしよう、というベンチャー企業はむしろ少ないでしょう。大体、1出願30万円程度のところが多いと思われます(ページ数にもよりますが)。

しかし、1出願に300万円をかけたとしても、その投資が後に数百億円になって帰ってくるのであれば、正しい投資といえます。最初に出願費用をケチって甘い明細書で世界に出願した場合には、特許にならなかったり、異議申立で潰されたり、エスケープされたりするおそれがあります。

ですから、可能な限り、バイオテクノロジーの専門家に依頼し、完全な明細書を作成して、世界各国に出願するのがよいです。

とはいえ、バイオ専門の弁理士と言っても誰でもが、最高レベルの特許出願明細書を書けるとは限りません。同じバイオ分野でも得意、不得意分野もあり得ますし、バイオ専門といっても、学部卒なのか、修士か、博士か、准教授や教授か、や、研究開発に従事した期間等によっても知識レベルに雲泥の差があります。

長さだけではなく、研究センスも人により全く異なります。これは、いい研究成果を出す研究室と、パッとしない成果しか出ない研究室を見ていれば明らかでしょう。これらは、その研究室長のセンスによると思います。

ノーベル賞受賞者の研究室からよくノーベル賞受賞者が出る、というのは、その研究室長や所長のノーベル賞受賞者のセンスが暗黙知として伝わるからではないかと思います。ですから、同じバイオの研究室でも国内最高、あるいは世界最高レベルの研究室出身の弁理士の方がいい明細書を書ける可能性が高いです。

同じバイオ出身でも、学部卒であれば、実験の経験も少ないので、バイオテクノロジーの技術、例えば、サザンハイブリダイゼーションやELISAといった基本的な実験もやったことがない場合があり得ます。そういう人が遺伝子やサザン解析の内容が含まれた発明の明細書を書くと、変な明細書になってしまうことがあります。

山中伸弥教授のiPS細胞特許の明細書も、遺伝子とタンパク質の区別が明確につかない人が書いたことは明らかで、そのあたりをぼかして書いてあったために、欧州では異議申立がされていました。その後、山中伸弥教授がノーベル賞を受賞したからか、その異議申立は取り下げられたので事なきを得ましたが、そのまま争っていたら、その記載によって特許が取消になった可能性もあったくらいの重大なミスです。

そういうちょっとしたミスで数億円~数千億円、時には、数兆円規模の損害が出てしまうケースもあり得ます。逆に言えば、その特許の価値が、数億円~数兆円にもなる可能性もあるわけです。そういう意味で、バイオテクノロジーの発明の特許出願については、バイオテクノロジーが専門で得意な弁理士に依頼すべきです。特にバイオベンチャーは特許が命ですから、バイオが得意で専門家の弁理士に依頼すべきです。

大平国際特許事務所の所長弁理士の大平和幸はバイオテクノロジーの研究開発を企業、大学、研究所で20年以上やってきており、大学の特任教授も務め、普通の大学の教員以上の専門知識がありますし、サイエンティストとしての発想力もあります。私の出身研究室の教授達は何人もが学士院賞を受賞しました。

それに加えて所長弁理士の大平は、知財実務経験が20年以上あります。バイオベンチャーとしては、そういうその道何十年のサイエンスのプロであり、さらに、知財実務にも精通した専門家を選ぶのがお勧めです。

それに加えて、大平国際特許事務所ではベンチャー支援策として、コーチングやマーケティング・コンサルティングも行っております(当面無料で行っております)。米国では成功する起業家、経営者の多くがコーチを雇っています。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグもコーチングを受けていました。彼の、「僕は今、自分にできる最も重要なことをやっているだろうか?」という言葉はまさにコーチングの質問です。

知財支援のみでなく、コーチング・コンサルティングにより、経営全体についてもアドバイスできます。さらに戦略マーケティング・コンサルティングも得意ですので、ベンチャー起業支援の特許事務所としては、非常に適した特許事務所と言えると思われます。

バイオベンチャー関係者で当所のベンチャーサポートにご興味のある方は以下のフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイオ・ベンチャー・セラノス創業者エリザベス・ホームズに有罪評決

  • 日本製鉄がトヨタ、三井物産、宝山鋼鉄を提訴と新年のご挨拶

  • 発明・アイデア発想法

  • 日本製鉄が無方向性電磁鋼板に関する特許侵害でトヨタ提訴

関連記事

  • 特許出願プレミアコース

  • 特許出願と技術分野の専門知識

  • 特許申請の進歩性について

  • 特許事務所(弁理士)の入れ替え制度

  • 食品の用途発明に関する審査基準の改訂

  • 人体を構成要件に含む発明の特許出願