1. TOP
  2. 特許調査 出願前調査 侵害調査 実施可否調査 国際特許分類(IPC) F-ターム 特許マップ パテントマップ
  3. 簡易特許調査について

簡易特許調査について

私の事務所では、有料の特許データベースと契約しています。

それを使えば、簡単な特許マップ(表形式の特許マップ)はすぐに作れます。また、特許マップを作成した特許または特許出願についてすぐに全文をPDF化することができます。

特許庁電子図書館では、検索後、1つ1つクリックして見て行く必要がありますが、簡易特許マップだと、要約と代表図面が表になって一覧で見れるので、特許出願前の先行技術調査に最適です。

このサービスは1件1万円(消費税別)でお受けしています。

これは、キーワードから簡易特許マップを作成するだけで、弁理士が明細書を読んで分析することはしません。依頼者がご自身で関連特許を読んで自分の発明との関係を分析するものです。

弁理士が軽く読んで、簡単な評価をする場合は3万円(消費税別)となります。

さらに、本格的な先行技術調査は8万円(消費税別)となっております。これが通常の特許調査と言われるものです。他の特許事務所や調査会社では通常10万円で請け負っているものです。

この場合、当所でやることのメリットとしては、安価に弁理士の判断が見れる、ということです。

調査会社の場合は、技術的な関係を検討しますが、請求項の発明が抵触関係(侵害関係)にあるかと言った法的な判断まではしてくれません。それができるのは弁理士や特許に詳しい弁護士だけです。

そういう意味では当所に特許調査を依頼すれば、特許調査と鑑定を同時にできることになり、かなりお得です。

調査を依頼したい方は上のお問い合わせボタンからお問い合わせ下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

  • 発明により人類の富が飛躍的に増える

  • 大発明は、地味な実験の積み重ねから生まれる

関連記事

  • 特許調査(先行技術調査)

  • 特許出願前の先行技術調査と明細書の記載

  • 特許出願技術動向調査

  • 特許調査のご依頼につきまして

  • 特許出願前の先行特許文献調査

  • 論文を見て、製品を作る場合、特許侵害に注意