1. TOP
  2. 特許出願 商標出願 意匠登録出願 実用新案登録出願
  3. この発明は特許になりますか?という質問

この発明は特許になりますか?という質問

特許出願の依頼を受ける場合、初めてのお客様の場合は、これは特許になりますか?とよく聞かれます。

20万円以上かけて特許出願して、特許にならなかったらその費用が無駄になる、と考えるのも無理はありません。

しかも、出願後も審査請求に118000+4000×請求項数の費用がかかります。

そして、特許庁から拒絶理由通知が来た場合は、それに対する反論で10万円位かかります。

そしてめでたく特許になった場合、成功謝金ということで10万円と登録料が1万円程度かかります。

これらを合計すると、

出願時          25万円
審査請求        15万円
意見書・補正書提出 10万円×2(2回位反論して特許になることが多い。回数は変動する)
登録時         11万円

で合計         71万円

かかります。

請求項数が多かったり、意見書、補正書の回数が多かったり、拒絶査定不服審判、訴訟に行った場合はさらに多くの費用がかかります。

ですので、特許出願して権利化できるまでには、最低でも50万円、通常は70万円、審判、訴訟までいけば150万円位かかる場合もあります。

ですから、特許出願する場合は少なくとも100万円以上の利益が出る事業でなければ出願する意味がないと思われます。そんな事業のために特許出願をする方がおられるとは思いませんが、念のため書いておきます。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許収入だけで生活できる人

  • 使用許諾(ライセンス)交渉、契約書作成の得意な特許事務所

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

関連記事

  • 子供の発明を特許出願する親

  • 特許ライセンスビジネスが得意な弁理士事務所

  • イラストレーターで書き出した図面の特許出願明細書への挿入

  • 種苗登録と特許出願

  • 特許出願(特許申請)を特許事務所の弁理士に依頼する場合の注意点

  • 特許出願をすることで会社の売上、利益を上げるには?