1. TOP
  2. 先端医療特許出願
  3. 現代型うつ(新型うつ)

現代型うつ(新型うつ)

 2012/11/07 先端医療特許出願
この記事は約 1 分で読めます。 1,127 Views

最近、新型のうつ病が増えているらしい。

彼女とデートしたり、旅行に行ったりはできるのだが、会社に行けない、というようなものらしい。大学院生にも増えているという。

一説には、周りが悪い、と周りを攻撃し、心が弱い人がなる、という説もある。

そういう人は同じような人と集団で生活してみればいいと思う。自分と同じような新型うつの人と一緒に暮らすことで他人がどういう考え方をし、どういう問題があるか、客観的な目で見れるからだ。

そういう人を集めたグループホームのようなものを作り、そこに専門家がいれば回復しやすいように思う。

\ SNSでシェアしよう! /

特許出願依頼(特許申請の依頼)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

特許出願依頼(特許申請の依頼)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

  • 発明により人類の富が飛躍的に増える

  • 大発明は、地味な実験の積み重ねから生まれる

関連記事

  • 特許出願分野と農学博士の弁理士

  • 少ない特許で利益を生む業界

  • ファイザーのバイアグラ特許がカナダで無効に

  • 日本知財学会第10回年次学術研究発表会

  • 特許権存続期間延長制度の審査基準変更

  • iPS細胞の米国特許