東大生の15%がベンチャー起業に興味

東大では、かなり前にオンコセラピーという会社を上場させ、数十億円以上の資金を集め、株主も数億~10億位の株を持っていた時期がありました。現在の株式の時価総額は約465億円です。ただし、昨年度の決算では15億円の赤字のようですが。

最近では、Mixi、ユーグレナ、ペプチドリーム等が東大卒業生による、または東大発ベンチャーとして成功し、東大でもベンチャー起業に興味を持つ学生が増えているようです。

2004年4月の国立大学法人化とともに、東大では東京大学エッジキャピタル、というファンドを立ち上げ83億円で投資をスタートしました。それは百数十億円のリターンを生み出し、黒字になっています。

大学発ベンチャーのファンドで黒字化するというのはすごいことです。

平沼プランでベンチャー1000社作りましたが、ほとんどのベンチャー企業が赤字か会社を解散していたり、青息吐息の状態なのに、東京大学エッジキャピタルだけはベンチャー投資で黒字で、現在では300億円を運用しているそうです。

東大の本郷キャンパスには、アントレプレナープラザがあり、ユーグレナやペプチドリームもここから成功しました。

東大ではアントレプレナー道場を毎年開催し、今年で11回目になるそうです。元々東大は官僚養成学校で、商売人を養成する大学ではないので、ビジネス(商売)の学問であるMBAコースは作らなかった経緯があります。そのため起業家を育成するために産学連携本部がアントレプレナー道場を作ってビジネスを立ち上げる起業家を教育するようになったそうです。

秋にはビジネスプランコンテストがあり、そこで好成績を収めると、北京大学への派遣や米国・テキサスで開催されるイベントのサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)に参加する権利が得られるそうです。

産学連携本部イノベーション推進部長の各務茂夫教授によれば、東大生からベンチャー起業して成功する人は年に3、4人もいればいいそうです。ハーバート大学やMITでもその位の割合のようです。

3,4人が成功すれば、それで、数万人、数十万人の雇用を生み出せるのが米国ベンチャーです。日本も昔からある大企業はだんだん苦しくなっているように見えます。その分、ベンチャー企業が成功して日本経済を復活させて欲しいものです。

そのためには、特許は命です。水ももらさぬ鉄壁の特許を出願し、権利化して、大成功して欲しいと願っています。