特許申請以前のアイデア段階での発明ヒアリングが弁理士標榜業務に

特許出願を前提とした発明相談は出願業務の一部なので、弁理士の業務範囲ですが、その前の特許出願できる発明に至る前の相談は、必ずしも弁理士の業務かどうかは不明でした。

しかし、今回の弁理士法改正で、アイデア段階での知的財産の総合的な相談に乗ることが弁理士の標榜業務として規定されました。

標榜業務ですので、他の発明コンサルタントでもこうしたアイデア発掘業務は可能ですが、弁理士が行うことで、アイデア段階から特許戦略を考慮した発明発掘活動ができ、実験のやり方もより広い特許権が取得できるように方向付けることも可能です。

よくあるのが、データを点で取る発明です。発明者は、1つベストな点が取れれば開発は終了した、次の製品を開発しよう、と考える人も多いです。しかしながら、ベストな1点だけでは、広い特許は取れません。

データは一定の幅で取り、できれば、臨界的な境界までデータを取っておけば、一番広く取れます。2次元であればこれをマトリックスで取ります。当たり前のようですが、意外にこれが取れてないケースが多いです。

もちろん、臨界的な点がなく、だらだらと変化する場合には範囲を区切るのが難しいのですが、ある一定の範囲でのみ効果があるなら、その点を明細書に記載するのがよいです。

そうした、より広い権利を取るためのデータの出し方についても大平国際特許事務所ではアドバイスしています。

また、発明コーチングもやっているので、発明が行き詰まって止まってしまった場合などには新たなヒントが得られる場合もあります。

そういう意味で、発明コーチングをお勧めします。お気軽に上のメニューバーのお問い合わせからご連絡下さい。もちろん、弁理士には守秘義務がありますので、ご相談内容が第三者に漏れる心配はございません。

発明コーチングを受けることで画期的な大発明が出るかも知れません。