特許審査を世界最速・最高に

特許庁が、特許出願の審査を世界最速かつ世界最高品質にすることを目指すそうです。

特許出願から10ヶ月以内には、審査に着手するということで、現状の審査請求後、1.5年から3年位して最初のアクションがくるのに比べてかなり早いですね。

特許出願から審査開始までの期間を11カ月から10カ月以内に短縮し、権利化までの期間を30カ月から14カ月以内に半減させるそうです。つまり特許出願から約1年で権利化できることになります。

時は金なり、ですから、既に販売している製品に張り付いている特許はすぐにでも権利化できれば嬉しいですね。

特許審査「世界最速・最高」に

ただ、審査で権利範囲が狭まったり、拒絶査定が早く確定すると困る場合もあり得ます。例えば特許出願についてライセンス中で、審査の結論が早く出て欲しくない場合もあり得ます。そういう場合は、審査請求を遅らせることで対応可能なのでしょう。

審査を早くするのはいいのですが、それだけではなく、権利範囲もより広くて強いものにして欲しいです。狭い権利を早く取れても仕方ないので、広くて強い権利を早く取れるようにして欲しいものです。

そしてできれば、懲罰的賠償制度、例えば、3倍賠償制度を導入し、特許権者に有利な制度にすべきでしょう。

さらに、弁護士も増員し、成功報酬制弁護士が増えるようにして、特許紛争も簡単にできるようにするのもよいと思います。