農林水産省の革新的技術創造促進事業の公募と特許申請

農林水産省(農水省)が、農業や食品開発を対象に補助金を出しています。

最大1億円で3年間もらえます。応募締切は6月10日です。

農林水産省の革新的技術創造促進事業

ただ、開発に成功したら、その利益の中から一部を納付する制度です。ですから、確実に成功できる、という確信がある技術開発は自社のみでやった方が利益が大きくなる可能性があります。

しかし、逆に失敗する可能性が高い、あるいは、かなり冒険的なチャレンジなのでリスクも高い、というようなテーマの場合は、国の補助金を使ってフィージビリティ・スタディ的なことをやるのも一つの考え方でしょう。

失敗した場合どうなるか?ですが、その場合には、もらった額の10分の1を返還する必要があります。例えば、1億円もらって開発を行い、開発がうまく行かず、製品が売れなかったら、補助金の10%を返還すればいいだけです。

以前は補助金の3割を返還していたのでかなりのリスクでしたが、今回は1割を返還すればよいようです。ただ、返還の条件まで熟読したわけではないので、場合によってはもっと返還が必要になるかも知れません。そのあたりも含め、応募要項を十分読まれることをお勧めします。

このような補助金を使って研究開発し、特許を出願して権利化できれば、それは会社の資産になります。そして、場合によっては、ずっとライセンス料をもらい続けたり、訴訟になったときの反撃の武器になったりもします。

ご興味のある方はこちらをご覧のうえ、ぜひご検討下さい。そして、参加するからには、毎年数件特許出願をするような計画を立てるのがよいと個人的には思います。でないと製品が売れなかったとき、何も残りませんから。
農林水産省の革新的技術創造促進事業