特許出願明細書のレビュー、セカンド・オピニオン(2nd opinion)サービスを開始します

特許出願や、拒絶理由の対応がきちんとできているか?あるいは、もっと他の知恵はないか?と思うことは知財部員であればときどきあると思います。

代理人の弁理士は、これはもう特許にはならないから応答しても無駄ですよ、というニュアンスでコメントが来る場合があります。

しかし、それは本当でしょうか?例えば、A弁理士であれば、もうどうしようもないから、これは反論してもほとんど特許化は無理です、といっても、B弁理士に聞くと、ああ、それはここをこう補正すれば特許になりますよ、ということはありえます。

というか、こういうことは日常茶飯事です。そして、ここが弁理士の腕なのですが、それをどれだけの人が理解しているでしょうか?

つまり、能力の高い弁理士に依頼すれば特許になったものが、能力の低い弁理士に依頼したために特許にならなかった、というケースはよくある、ということです。

これは、医者でもよくあることです。ある医者はただの風邪だというので放置しておいたら大変な命の危険のある病気だった、とか、ある病院では見過ごされていた重大な疾患が他の病院では簡単に見つかった、というような場合もよくあります。

弁理士でも同じです。ある弁理士には見えるものが、見えない弁理士もいます。それは科学的知識の欠如であったり、法律知識の不足、判例知識の不足等です。

そういう意味で、1人の弁理士、1つの弁理士事務所だけに頼るのはリスクがあります。そうしたとき、医者のような、セカンドオピニオンが依頼できれば、他の弁理士の意見も聞くことができ、特許にならないと思っていたものが特許になるケースがありえます。

そういう意味で、大平国際特許事務所では、セカンド・オピニオン・サービスを行っております。特許出願明細書のレビューは、1回3万円、拒絶理由通知と対応のレビューは5万円となります。

これは、出願明細書のレビューよりも、拒絶理由通知への応答の方が高額なのは以下の理由からです。

拒絶理由通知の方が、特許出願明細書、拒絶理由、拒絶理由の引用文献と読む作業量が多く、論理を考える時間が必要なためです。特許出願は出願明細書を主に読めばいいので、その問題点はすぐにわかりますが、拒絶理由応答は、より手間がかかり、知恵を出す必要があるためです。

いずれにしましても、せっかく出願したのであれば、拒絶理由に簡単に対応するのではなく、より徹底した対策を取り特許化する方が好ましいと思います。

もちろん、大平国際特許事務所では、世界最高水準の拒絶理由応答をしている自信があるのでこのようなことが言えるわけです。私に事務所では2nd opinionは基本的には不要です。