欧州統一特許と欧州統一裁判所

欧州特許が2015年位から欧州統一特許に変更できるようになりそうです。

これは特許出願が登録査定になり公報が出てから1カ月以内にvalidationの手続きをすれば、欧州特許が欧州統一特許に変化するというものです。

ですから、特許出願の審査はこれまでと全く同じです。登録後に従来どおりの欧州特許を選択するか、欧州統一特許を選択するか?を選ぶ必要があります。

オプトアウトというのをやると、欧州統一特許にならずに済みます。

欧州統一特許の場合、裁判管轄が決まってしまいますし、セントラルアタックのように1回負けると全部消滅してしまいます。

欧州特許の場合は、各国の権利なので、ある国では無効になったけど、別の国では有効、ということもあり得ます。

そういう意味では、欧州統一特許が全ての面でメリットがあるわけでもなく、用途に応じて選択すべきでしょう。

例えば、ある特許出願は何とか特許になったけど、無効審判で無効になる確率が高い、と判断すれば、従来型の欧州特許にして各国毎に権利化するのも一つの考え方でしょう。

ただ、税関で水際で差止めしたい場合は、欧州統一特許にしておけばベルギーも自動的にはいりますから、アントワープの港で差止めできるので効率よく水際規制ができます。しかし、そうでない場合は、かならずベルギーに国内移行しておく必要があります。

欧州統一特許のもう1つの問題は、特許の維持年金です。25か国分の年金を支払うとすると、1か国1万円でも25万円になります。企業にとっては大した金額ではないですが、中小企業にとってはかなり苦しいと思います。この維持年金がいくらになるかによって欧州統一特許が利用されるかどうかが決まりそうな気もします。