特許申請の登録率を上げるには

特許出願をして特許になるか?をとても気にされるお客様もおられます。

やはり、数十万円の特許出願費用を支払って、それが特許にならなければ個人や小企業ではそれだけの損失と考えている人もいます。

これは、大企業でも本質的には同じで、特許出願をしても、それが登録されず、あるいは、何の効果も無ければ単なるコストになり、損失とも言えます。

もちろん、特許出願をすることで他社の実施を防止することもできますから、特許出願して登録されなければ何の意味もないか?といえばそんなことはありません。

また、同じような研究をしている他社が同じ発明について特許を取得することができなくなる、という効果も得られます。

そういう意味では特許出願をするだけでそれなりのメリットはあるのですが、やはり、特許は出願するだけでなく、登録されて、権利行使したり、他社の事業参入を防止できることで本来の効力を発揮します。

そのためには登録率が高くなければなりません。

大平国際特許事務所の場合は、拒絶理由が来たら、徹底的にその先行技術文献を読み込み、論理に矛盾がないか?技術常識として間違っている記載はないか?誤字、誤記はないか?科学常識に反した記述はないか?等も検討して、大学の研究室のゼミ位の厳しさで先行技術文献を読みます。

そうすると、何かしらミスが見つかり、そこを指摘することで登録査定を得ることができる場合が多いです。

所長が以前勤務していた特許事務所では、副所長がこれは登録は絶対無理だからあまり力を入れなくてもいい、と言った拒絶理由に対して、アリの一穴のような記載の矛盾を見つけて指摘したことですぐに登録査定が来て、副所長がとても驚いたことがありました。

へぇ~、あれが特許になったんだ、と驚かせるのが大平国際特許事務所の自慢です。

ということで、特許になるかどうか、非常に気になる方は是非一度当所にご相談下さい。