特許申請の費用

特許や実用新案、意匠を出願すると、通常、出願に20~30万円、特許だと審査請求に13万円~20万円又はそれ以上(請求項数による)、実用新案でも技術評価書に12万円、特許の中間処理で10万円×対応回数、登録謝金10万円~30万円以上(請求項数による)がかかることになる。

特許で言えば、上記で大体、53万円~100万円かかることになる。これだけの費用をどんどん出せるとしたら、相当な売上のある企業だと思われる。

大手の事務所であれば、この倍以上の料金のところもあるので、106万円~200万円のところもあると思われる。

そういう意味では特許制度はある程度の売上のある企業向けと考えてよいと思う。個人が道楽で50万円、100万円を出して特許出願してもそれが売れなければ全くの損失になる。訴訟するにしても数百万円はかかるので、それも個人で出せる人は限られるだろう。

そういう意味では個人は、特許出願をした段階ですぐに企業に売り込みをかけてみて、売れた企業に残りの特許費用を出してもらって審査請求や中間処理費用を出してもらうのがよいと思う。条件が良ければ売却することもできる。

これは大学でも同じで、特許出願後ライセンスを持ちかけ、その後の費用を企業に全額負担してもらう形にするのも一つのやり方である。

とはいえ、相手も交渉のプロなので、下手に交渉すると、非常に低いライセンス額に抑えられてしまう。そのあたりに弁理士等交渉のプロの出番があるともいえる。