バイオベンチャーを支援する弁理士

バイオベンチャーは、特許が命です。特許があるからこそ、ベンチャーキャピタルも投資しますし、価値ある特許があれば大企業にバイアウトすることもできます。あるいは、大企業から巨額の委託開発費用をもらって研究開発することができます。

例えば、私が聞いた事例では、ある特許を持つ米国のベンチャー企業は、大企業から250億円位の研究開発費をもらったそうです。そのためには、もちろん、特許に穴があってはなりません。完璧な特許でなければ、大企業が潰したり、エスケープできるので、そんな特許は誰も欲しくないわけです。

そういう意味でアメリカのバイオベンチャーは特許出願の費用には糸目はつけません。1出願300万円でも当たり前です。第一、全世界に出願すれば1億円はかかるので、特許出願に300万円を惜しむ必要もないわけです。

それに対して、日本のバイオベンチャーがそこまで特許を重要と考えているかは疑問があります。また、1出願に300万円もかけて完璧な特許出願をしよう、というベンチャー企業はむしろ少ないでしょう。

しかし、その投資が後に数百億円になって帰ってくるのであれば、正しい投資と思われます。

とはいえ、バイオ専門の弁理士と言っても誰でもが、最高の特許出願明細書を書けるとは限りません。同じバイオ分野でも得意、不得意もありますし、バイオ専門といっても、学部卒なのか、修士か、博士か、や、研究開発に従事した期間等によっても知識レベルに雲泥の差があります。

大平国際特許事務所の所長はバイオテクノロジーの研究開発を20年以上やってきており、大学の特任教授も務め、普通の大学の教員以上の専門知識がありますし、サイエンティストとしての発想力もあります。それに加えて知財実務経験が10年以上あります。バイオベンチャーとしては、そういうその道何十年のサイエンスのプロでもある専門家を選ぶのもお勧めです。

それに加えて、大平国際特許事務所ではベンチャー支援策として、コーチングも行っております。米国では成功する経営者の多くがコーチを雇っています。知財支援のみでなく、コーチングにより、経営全体についても支援できます。さらにマーケティング・コンサルティングも可能ですので、ベンチャー起業支援の特許事務所としては、非常に適した特許事務所と言えると思われます。バイオベンチャー関係者の方はお気軽にお問い合わせ下さい。