農学分野の特許出願が得意な弁理士、特許事務所

農学部は非常にバラエティに富んだ学部で、物理、化学、生物学、分子生物学から、経済学(農業経済)、機械(農業機械)、獣医、トラクターの運転(農業生物学科の一部)まで、非常に幅広い研究をしています。

ですから、農学部からも優れた特許出願が出ることがあります。

私が奈良先端科学技術大学院大学でライセンスした特許のうち、最高額の稼ぎ頭は農学部出身の先生が発明した植物の代謝制御に関する発明でした。

そういう意味で、農学部の発明は実用性が高いとも言えます。

私は東京大学農学部の農芸化学科を卒業し、応用微生物研究所第2研究部(微生物の遺伝・育種。今は分子細胞生物学研究所)という研究室に入りました。そこで、大腸菌と放線菌の遺伝子工学を研究したのち、大手洋酒・飲料メーカーに入社しました。

会社に入って1年後に、農林水産省農業生物資源研究所の村井紀元室長の研究室に留学し、植物の遺伝子操作(Tiプラスミドによる遺伝子導入)の研究をして、その後、BT毒素遺伝子をタバコ、イネに導入する研究を行いました。

この際、イネだけでなく、HeLa細胞にも導入して動物と植物の遺伝子発現の比較を行い、動物の論文もフォローしたことから、微生物、植物、動物の全ての分野をマスターしました。

その後会社に戻り植物工学研究室で植物バイオの研究をした後、再度東大の植物病理学研究室に派遣され、そこで植物ウイルスの塩基配列に基づく分類の研究をして博士号を取得しました。

会社に戻ってしばらく青いカーネーション関係の仕事をした後、今後は奈良先端科学技術大学院大学に派遣され、NEDOの主任研究員として植物新エネルギーの研究を行いました。私はダイズの油を遺伝子工学で改変するための基礎研究を行いました。

その間に弁理士試験に合格したので、会社の特許部に異動し、その後、奈良先端大が知的財産本部を作るというので、また奈良先端大に派遣され、今度は特任教授として、バイオ分野の知財の発明発掘とライセンス活動を行いました。

ここでは、バイオサイエンスの最先端の発明を特許出願していました。iPS細胞で有名な山中伸弥教授の発明の特許出願も担当したことがあります。

山中教授以外にも東大や京大出身で学士院賞を取ったりするような優れた研究者が多数おられ、バイオサイエンスの最先端の知識を身につけるには非常にいい環境でした。

こうしたバックグラウンドを持っているので、私は農学部関係の特許出願は非常に得意としております。農学部、薬学部、理学部、工学部等の生物化学系の特許出願は研究開発歴20年以上の経験を持つ大平国際特許事務所に依頼されることをお勧めいたします。ライセンス活動も可能です。海外ライセンスの実績もございます。