発明の単一性とシフト補正の審査基準変更

7月頃に特許出願の発明の単一性とシフト補正(発明の特別な技術的特徴を変更する補正)の審査基準が改訂されています。その弁理士会主催の研修会が今日ありました。

審査基準が改訂されたのは、厳しすぎる運用に不満の声が多かったから、産業構造審議会でも改訂を検討したから、等の理由からだそうです。

簡単に言うと、特許出願明細書の最初の請求項の構成要件を全部含んでいて、かつ、発明の特別な技術的特徴の構成要件を含む請求項については単一性があるとして審査するように改訂されました。なので、全部の請求項を第一請求項に従属させておけば、特別な技術的特徴を持つ構成要件を含む第一請求項の従属項は発明の単一性を満たすことになります。

それ以前は、特許請求の範囲の請求項間に特別な技術的な特徴がなければ単一性がない、とされていました。第一請求項にそれぞれ独立の発明を従属させた場合に、第一請求項に新規性、進歩性が無いと、従属項はそれぞれバラバラですから単一性違反となっていました。

また、第一請求項に従属する請求項のうち、特別な技術的特徴がある下位の請求項とその従属項しか単一性が認められませんでした。

しかし、今回の改正では第一請求項に従属させておけば、特別な技術的特徴を含む請求項については審査はしてくれる、ということだと解釈しています。

正確な表現では、

1 特許請求の範囲に最初に記載された発明の発明特定事項を全て含む同一カテゴリーの発明

2 特別な技術的特徴に基づいて審査対象とした発明について審査を行った結果、実質的に追加的な先行技術調査や判断を必要とすることなく審査を行うことが可能な発明

については、審査対象に加える、ということです。

シフト補正の方は、簡単に言えば調査のやり直しを伴わなければ審査してくれる場合もある、ということのようです。審査の省力化、無駄防止が主な目的のような気がしました。

これまではシフト補正をしても審査官によっては拒絶しないで審査してくれる審査官もいたので、審査官毎にばらばらの対応だったのですが、今回の審査基準の改訂により、基準がより明確になったと思います。

シフト補正については、後日また詳しく書こうと思います。