発明ヒアリングとTRIZ、USITで特許出願数を増やす方法

研究補助金の研究評価では、研究費の割に特許出願件数が少ない、という問題を指摘される場合があります。また、会社でも1人あたりの出願件数のノルマが決まっていて、発明数を増やす必要がある場合もあります。

発明を増やしたい場合には、まずは、発明者のやる気(モチベーション)を上げるとともに、発明、発想法(発明のやり方)を教えるのがよいと思います。もちろん、定石に則って発明ができる場合だけでなく、全くの試行錯誤の繰り返しから思いもよらない発明が出る場合もありますが、やはり、最低限の発明、アイデア発想法の定石は知っておくべきと思います。発明者はオズボーンやTRIZ、USITの基本程度は知っておくべきでしょう。

それに加えて、エジソンやテスラ、グーグルなどのアイデアの出し方や発明の仕方を研究するのもよいと思います。イノベーションのジレンマで有名なクリステンセンの「イノベーションのDNA」という本によると、イノベーションの能力は生まれつきではなく、後天的に育成できる、と結論づけています。さらにその能力の特徴と開発手法を具体的に掘り下げて記載しています。

ですから、企業の研究開発部員であまり発明が出ない人はこのイノベーションのDNAの手法を試してみるのがよいと思います。他には、中松義郎博士の、「ケチョウスピゾケピケアイキ」というやり方もありますし、エジソンやテスラの発明手法もありますので、ご興味のある方は研究されるとよいと思います。

私の発明コーチング&コンサルティングを受けられれば、これらに基づいたコーチング&コンサルティングを行いますので、より、発明が出やすくなると思われます。

このようにして、研究開発担当者の発明へのモチベーションを高めたら、次は、知財(特許)部員による発明ヒアリングの回数を増やすといいと思います。話を聞いているうちにここをこうすれば特許になる、というのが明確になる場合もあります。

そして、研究員が銅の発明をしそうなら、どうすれば、それを金や銀、プラチナの発明にできるか、とアドバイスするのも知財部員や発明コーチの役割です。それにより発明により高い価値を付けることができます。

とはいえ、知財部員も戦略立案や契約書チェック、ライセンス交渉、知財訴訟など、他の業務にも忙しいでしょうから、時間がない人も多いと思います。そういう場合には、外部の弁理士にヒアリングを依頼するのもよいと思います。

弁理士には守秘義務がありますし、発明を特許にする専門家ですから、普通に考えたら特許にならないだろうと思われる発明でも、特許にできる方法、ノウハウを知っている場合があります。

さらに、研究者も知財部員もこの発明は実用化できないだろう、と思う発明でも、弁理士は様々な分野を扱っているので、この分野に使えば、非常に画期的な発明になる、この発明と組み合わせれば大きな市場が産まれる、などとアドバイスできる場合もあり得ます。

そういう意味で、知財部員が忙しくて発明ヒアリングまで手が回らない場合は、研究所近くの弁理士に発明ヒアリングを依頼するのもいいと思います。大平国際特許事務所でも、関東、関西地域では、発明ヒアリングのサービスを行っておりますので、以下からお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

それ以外のよくある発明発掘方法としては、企業であれば、毎月の月例報告会や、研究ミーティングのようなものがあれば、そこで発明発掘をすればよいでしょう。その会議の後に懇親会でもあれば、さらに生の情報が得られます。もうすぐ面白いデータが出そうだ、という情報があれば、それをウォッチしておけば特許出願に繋がる可能性も出てきます。

大学なら、博士や修士の論文発表会や審査会に出るのも有効です。ただし、この場合は、秘密状態で発表するようにしないと、新規性喪失の例外規定を使うことになるので、欧州では権利化できなくなります。通常は、こうした発表会は守秘義務のない学生が聞くので、新規性を喪失してしまうという問題があります。ですので、可能であれば、発表会の前にプログラムなどでタイトルをチェックし、特許になりそうな発表には事前に事情を聞くのがよいのですが、量が多いとそれも難しいです。

大学でもっと早く情報をつかむには、研究室毎の報告会や成果発表セミナーのようなものに参加するのがよいです。大体3ヶ月~半年おきにそういう報告会をする研究室が多いです。一度聞いておけば、そんなに劇的に早く進むことは少ないので、1~数年はそのテーマをフォローできたりします。

さらに、大学の場合は、何もないときでもときどき先生の研究室にお邪魔して、何か面白い話はないですか?と聞くと最新の成果を教えてくれることもあります。そしてそれがいい特許になる場合もあり得ます。

また、大学の場合は、先生と話しているうちに、研究室が最も力を入れているメイン・テーマではないところに面白い(売れる)発明がある場合もよくあります。大学の教授、准教授らは、基礎研究が好きな方も多いですから、メインは基礎研究ですが、どうでもいいというか、軽く続けているテーマが応用に結びつくこともありますから。

メインのお話を聞いたあと雑談をしていて最後の5分で聞いた話がビジネスに結びついた、というケースもあります。

研究者の先生は、そんなの特許になるはずない、と信じていて、知財部との話で出さない場合があり、それを聞き出して特許にできれば強い特許になる場合もあり得ます。

また、1件で出願できる発明を戦略的に分けて出願すればその分特許出願数は増えます。微妙に異なる発明を2つ以上に分けて特許出願するのは企業ではよくやります。その場合は、海外に出願する場合、自己衝突(self collision)を避けるように同日出願するのが一般的です。

もちろん、ただ単に出願数を増やすだけではコストが増えるだけですから、利益を生む、実のある発明を発掘するようにすべきでしょう。

また、発掘した発明をTRIZで展開していくと、40のフレームワークがあるので、それを使って、置換したり、入れ子にしたり、いろいろなパターンを使って発明のバリエーションを考えることができます。

それをやっていると、しばしば、この発明は2つ以上の特許出願に分けた方がいい、となる場合があります。つまり、1つの発明を展開していくことで2つ以上の発明にすることはTRIZを使えば比較的容易にできます。というよりも、必然的に増えてしまうので、予算のない場合は逆に出願費用がかさむという問題が生じ得ます。

そういう意味では、発明を増やすのにはTRIZが有効です。

大平国際特許事務所では、発明者の中に眠っている発明を引き出して特許化する発明コーチングやTRIZ、USITも得意としております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

発明者からのメールでの問い合わせ

発明者が特許出願について相談してくる際に、メールにベタ打ちで発明内容を書いてこられる場合があります。

理論的にはメールは通常は傍受されることはなく、アドミニストレーターは見れるにせよ、守秘義務があるので、メールで発明内容を送信したから直ちに新規性を失う可能性は低いと思われます。

しかし、万一傍受されるおそれもありますし、送信先を間違えるケースもあり得ます。そういう意味では、ワード等で作成し、パスワードをかけて送信するのがよいと思います。

大企業等では特許事務所と専用の暗号化ソフトを使ってやり取りしているところもあります。

中小企業や大学等の場合でそれが難しい場合はローカルの特殊な暗号化ソフトを使用する方法もあります。

しかし、そこまでしなくても、パスワードをかけて送信すればほぼ問題ないと思われます。この場合、パスワードは電話かFAXで知らせるか、打ち合わせの時に設定すればよいです。

そういう意味では特許事務所とのやり取りではワード等でパスワードを付けてやり取りするのが無難です。

仮に傍受された場合でも意に反する公知と確実に主張するためにはパスワードをかけておけば大丈夫でしょう。

後期高齢者の趣味の発明と特許出願、世界を変える発明

発明や特許出願は何歳までできるのでしょうか?80歳、90歳になっても発明をして特許出願し、特許を取れるでしょうか?

弁理士会で発明相談をしていたとき、80歳を超えた方が発明の相談に来られることがありました。

そして、中には発明が生きがい、という方もおられました。その80台の方も特許だけが生きがいだ、と言っていました。

企業を退職して家にいると、発明の話をできる相手がいないですから、弁理士相手に長く話をされる定年退職者の方もときどきおられます。それでもコンサル費用を払ってくれる方であれば、全く問題なく話を聞くことができます。

そして、企業を退職したような方はやはり、仕事の経験があるので、スケールもかなり大きい発明だったりします。数億ではなく、数百兆のレベルの話だったこともあります。

そういう方の特許出願はできるだけ特許にしたいと思います。が、確かに市場は大きくても、そこに入り込める手段がない場合は、参入手段まで一緒に考えることにしています。

発明家で有名なドクター中松氏は現在87歳だと思いますが、まだ現役で発明をされているようです。今は前立腺導管癌(前立腺癌の1種)に罹ってしまったので、ガンを直す発明をしているようです。

10個のガンを治す発明を完成させれば自分のガンを治せるだろう、と言っていました。

大学教授等も、80歳を過ぎても発明し、特許を取得することは可能でしょう。中には学士院会員で80過ぎても活躍されていた先生もおられましたから。

一般人であっても、日用品とか、自分の専門分野や日用品等は発明して特許を取得することは可能と思われます。最初に書いた方は特に有名な発明家ではなく、一般の方でしたから、一般人でも80歳位までは発明可能と思われます。

基礎物理学や数学では20代から30代前半位でないと画期的な発見はできない場合が多いですが、発明は必ずしも基礎科学である必要もなく、ノーベル賞クラスの発想が必要なわけでもありません。

組み合わせ発明でもよければ90歳以上でも発明をすることは可能だと思います?

また、6歳位の子供でも発明のやり方を教えてやれば発明できると思います。現に中松義郎博士は、6歳の時にしょうゆちゅるちゅるという醤油ポンプを発明しました。

未成年の子供の場合は、特許出願については、親の名義で特許出願する必要がありますが、発明自体は、小学校低学年でも十分可能です。

これらを考え合わせると、発明して特許出願できる年齢に制限はなく、6歳以上~死ぬまで可能ではないかと思います。

もし、そうとすると、若い頃に発明する習慣をつけておけば、一生発明で楽しく暮らせるのではないかと思います。

発明が好きな人は次から次へとアイデアが湧いてきますから。

発明家になりたいけど、どうやったらアイデアが湧いてくるかわからない、という方には、発明コーチング&コンサルティングをお勧めします。発明コーチング&コンサルティングを受けると、どうすれば、アイデアがどんどん出て、発明ができるようになるかがわかります。

一度発明する方法をマスターすれば一生発明し続けられます。つまり、人生が変わります。

発明能力を磨き、アイデアマンと言われるようになり、収入もアップしたい方は、発明コーチング&コンサルティングをぜひご検討下さい。

発明コーチング&コンサルティングお問い合わせフォーム

単発(1回限り)の発明コンサルティングも募集しておりますので、ご興味のある方は上のフォームからお問い合わせ下さい。

特に、実験が失敗だらけで煮詰まっている研究者にお勧めです。袋小路に入っている状態から、新たな世界が開けると思います。世界を変える大発明、大発見ができ、一気に教授になれたり、大きな賞をもらえたりするかも知れません。

発明・発見手法のTRIZ、USITなどについて知りたい方もどうぞ。