種苗登録と特許出願

植物新品種を作った場合、種苗登録と特許出願の両方が可能です。

権利の強さから言えば、特許の方が概念なので広いです。しかし、その分新規性、進歩性のレベルが種苗登録よりも高いです。

種苗登録の場合は、同じ形でも花の色が違うとか、葉の形が違う等、ちょっとした違いでも登録されます。ただ、特性表というのに、数十項目位書きますが、特許のように特許請求の範囲に対応するものがないので、特性表に基づいて侵害を判断されます。そのため、ちょっとした変異が入っていれば侵害でない、と言われるケースもあります。

特許出願する場合は、概念で押さえられない場合には、種子や植物体を寄託し、その番号の個体とその子孫、と言う形で特許請求の範囲を書くことができます。すると、その植物由来の交配した子孫まで保護されます。

ただ、この子孫であるという立証はかなり難しいのですが、最近では、DNA鑑定の精度も上がっているので、DNA鑑定で立証することも考えられます。可能であれば特殊なフットプリントのある品種と掛け合わせておけばその後の識別が容易になるかも知れません。もっとも、そのフットプリントの部分が入ってない新品種を作られた場合には使えないという問題がありますが。

いずれにしても植物新品種を育種した場合は、まず特許出願を考え、それが無理な場合に種苗登録をするのがお勧めです。大平国際特許事務所でも特許出願はもちろん、種苗登録も取り扱っております。