知財学会の講演スライド作成 iPS細胞特許出願の審査経過と権利範囲

明日知財学会で発表なのですが、ほぼスライドが作成できました。

と言っても、昨年1年間かけて研究してきた成果なので何度も発表した内容です。4月に記者発表、8月に弁理士会で発表したので今回が3回目になります。

山中伸弥京都大学iPS細胞研究所の日本、米国、欧州での特許出願の審査経過と成立した権利範囲の比較と主に話ます。

そしてついでに、欧州異議申立や今年成立した山中教授の新しい特許についても少しだけ触れる予定です。

学会発表は昔は研究室で何度も練習会を開いたものですが、今回はそんなことはしないのできちんと時間内に話終えられるか若干不安はあります。

なので、今日少しだけ時間を測って練習するつもりです。

今、特許出願しなければならない案件をかなり抱えているのであまり学会でのんびりもできないのですが、それなりに知財の現状を把握するチャンスなので情報収集してくるつもりです。