激安出願プラン値上げのお知らせ

これまで激安出願というものを提供してきましたが、仕事の受注が多くなり過ぎて対応しきれなくなってきましたので、料金の改定をさせていただきます。

具体的には、従来の料金体系から2~3万円程度値上げさせていただきます。標準出願、プレミア出願は変更はありません。

従来出願手数料7万円で提供していた激安出願コースは当所手数料を97,200円(消費税込)とさせていただき、特許庁印紙代が特許14,000円かかりますので、合計111,200円となります。(これに簡易調査32,400を追加される場合は143,600円となります。初めて特許出願をされる場合は、簡易調査または標準調査をされることを強くお勧めいたします)

激安特許出願の場合、実施例、図面、背景技術を出願人様に作成いただき、残りの特許請求の範囲(請求項)、解決課題、解決手段、効果、実施態様、要約等を当所で書く形になります。

実施例を発明者様に作成いただくのは、実際に行った(実験した)発明そのものなので発明者様が最も詳細にわかっていると考えられ、発明者が記載するのが最も効率がよいからです。実施例は単純に言えば、実験報告書、製品仕様書、使用説明書のようなものとお考えください。ワードで作成し、パスワードをかけて送信いただくか、CDに焼いて郵送して下さい。

図面については、白黒で、手書き又はCAD、イラストレーター、パワーポイント等で作成し、PDFファイル、パワーポイントファイル、jpegファイル等で1図づつ作成してお送り下さい。ファイル名には図1、図2等と名前を付けて下さい。また、図の各部分には、番号を付して、それに基づいて実施例で説明して下さい。図面もCDに焼いて送付いただく方が安全です。

ソフトウエア発明の場合は、実験が不要ですので、弁理士が頭の中で考えて発明を追加して特許請求の範囲を拡張することが可能ですが、激安出願プランではその発明拡張の部分は含まれません。それではあまり意味がありませんので、プログラム関係の発明については激安プランの適用はなく、通常出願またはプレミアム出願のみとなります。

激安出願は、あくまでも出願人様の考え出した発明の範囲で最大限権利化する形になります。TRIZやUSITなどを駆使して発明を拡張して広くて強い権利を練り上げるところまでは行いません。それでよろしければお引き受けできます。

当所で実施例、図面も含めて作成する場合は、標準料金からとさせていただきます。標準料金表はこちらです(一部特許庁印紙代が旧料金のままになっている箇所がございます)。

当所は全国対応で、鹿児島県等からもご依頼を頂くのですが、全てメールのみでご依頼から出願完了、権利化まで実績があります。必要に応じて電話(スカイプ)での相談も可能です。
時間、場所の都合がつけばお会いすることは可能ですが、必須ではございません。

それ以外に、TRIZ等の発明拡張手法を用いてご依頼人の発明をブラッシュアップし、非常に強力な特許にして出願するコースも別にございます。こちらはプレミアコースになりますので別途お見積りとなります(50万円~)。最強の特許取得をお望みの場合はこちらのコースをご検討下さい。

当所へのご相談は以下からお気軽にご連絡下さい。

ご相談フォーム