特許戦略で中小零細企業や個人が大企業に勝てるか?

中小零細企業が特許を出して大企業に勝った例はたくさんあります。最近で言えば、青色発光ダイオードの日亜化学が有名です。個人でも、東北大学の川島隆太教授は著作権収入が5億円位得ていたこともあります。山中伸弥京都大学教授もiPS細胞特許で年間数億円のライセンス収入を京都大学にもたらしています(おそらく山中教授個人へは数千万円のライセンス報酬が支払われていると考えられます)。

ですから、中小零細企業で特許により、事業を独占して巨額の収益を得たり、大企業から多額のライセンス料をもらう、ということは十分可能です。

全くの素人の一般人の個人発明家でもそのような例はあり、洗濯機の糸くず取りで3億円のライセンス料を企業からもらった主婦の話は有名です。それ以外にも、中学校の美術の先生が椅子の意匠で数億円の譲渡対価を得た例や、中小企業の発明で海外の大企業にライセンスして1億円の対価を得た企業もあります。

つまり、必ずしも大企業や大学教授のような専門家でなくても、中小零細企業や個人でも売れる発明ができれば、数億円のライセンス収入を得られる可能性はある、ということです。

これらは偶然の場合もあれば、ライセンス料をもらうために、しっかりと作戦を練って特許出願をして、ライセンスも専門家に依頼して、外国の企業から巨額のライセンス料をもらっている場合もあります。日本の中小企業の発明者は海外に売り込みに行く暇も時間も無い人が多いでしょうから、ライセンス活動は専門家に依頼するもの一つの考えでしょう。

ライセンスを専門家に依頼すれば、成約額の3割~5割を成功報酬で取られるのが普通です。それでも0円よりは3000万円を取られても、総額で1億円のライセンス収入を得る方がよいでしょう。7000万円のキャッシュが入るわけですから。

中小零細企業が特許で稼ぎたい場合、いわゆる当たり前特許を狙うのもよいと思います。当たり前特許は、一見、当たり前のように見える発明ですが、先行技術がなく、特許が登録されてしまい、一旦成立すると大企業にとって非常に邪魔な存在になる特許です。

例えば、携帯電話の2画面特許というのがあり、これは大企業が潰そうとしたのですが、無効理由が見つからず非常に迷惑だったと言われていました。

新しい技術が伸びている時にはこうした当たり前特許出願のチャンスです。今ならさしずめ、太陽光発電に関する特許出願や電気自動車、人工知能(AI)などはチャンスと言えるでしょう。

新しい発明の利用発明で、誰もが使用したがる特許を出願しておけば、高額で売れる可能性があります。

以前、ITブームになったとき、ひたすら特許出願して、その1つを数千万円で売却した、という人にも会ったことがあります。新しい技術が始まったときは特許出願のチャンスです。

そうしたチャンスを見つけたら関連発明をして特許出願すれば億万長者になれるかも知れません。確率はそれほど高くはないですが、宝くじで大金を当てるよりは確実のようにも思います。

中小零細企業でも、実際に製造していれば、意外にいいノウハウ、発明が出てくるものです。それを特許化してライセンス収入を得るのもよいと思います。

ただ、初めて特許出願をする場合や、発明そのものをあまりしたことがない中小零細企業の場合は、弁理士を顧問に雇い、毎月訪問してもらい、特許制度やいい発明の条件、発明のやり方(TRIZ、USITなどの発明手法)、ライセンスできる特許の特徴、ライセンス活動のやり方などを指導してもらうのもよいと思います。また、発明コンサルティングやコーチングを受けるのも有効です。

大平国際特許事務所でも中小零細企業の顧問、コンサルティング、コーチングなどもやっております。お気軽にお問い合わせ下さい。

顧問契約等のお問い合わせフォーム