1. TOP
  2. ライター紹介

ライター紹介

大平 和幸

弁理士、農学博士、特定侵害訴訟付記弁理士。東京大学大学院(修士課程)修了。修了後、大手洋酒食品メーカーでバイオテクノロジーの研究開発に約18年従事。その後特許情報部(知的財産部)、奈良先端科学技術大学院大学特任教授。特許流通アドバイザー。大平国際特許事務所所長。弁理士会バイオライフサイエンス委員会副委員長。iPS細胞特許コンサルタント。食品、医薬品、化粧品、バイオ等の化学分野が得意。機械、装置、ソフトウエア等の出願実績あり。

この人が書いた記事

  • 特許性(進歩性)を出すための発明者へのヒアリング

  • マルチマルチクレームが禁止 特許請求の範囲の記載要件が変更されました

  • 発明により人類の富が飛躍的に増える

  • 大発明は、地味な実験の積み重ねから生まれる

  • メタバース関連の商標登録出願が相次ぐマクドナルド、角川など

  • 発明とは課題を解決する手段のアイデア

  • 大企業を早期退職し、特許発明の事業化を目指す場合

  • 会社名と商標登録出願

  • 弁理士が発明をブラッシュアップした場合の特許の権利関係

  • 発明者の思い込みと現実

1 2 3 97